Placenta

HOME > プラセンタ療法(プラセンタ注射・粒剤)

受精卵が子宮に着床すると、赤ちゃん本体と胎盤とに分かれます。胎盤はヘソの緒を通じ、赤ちゃんの発育や成長に必要な酸素や栄養を送りますが、この胎盤からエキスを抽出して作ったものがプラセンタです。  成分は20種類以上のアミノ酸に加えタンパク質、脂質、糖質などの三大栄養素そしてビタミン・ミネラルなどを豊富に含んでいます。

効果

プラセンタ療法は、人が本来持っている自然治癒力を増し、体を正常な状態に戻します。 「なんとなく体の調子が悪い」「疲労感・肩こり・頭痛・冷え性などの症状が続いている」「いろいろな薬を試したがあまり良くならない」‥こんな悩みをお持ちの方に最適なのがプラセンタ療法です。 プラセンタには次の3つの働きがあります。

※女性更年期障害の治療では、従来、女性ホルモン補充療法が主流でしたが、乳癌発生のリスクがあるという報告もあり、最近は、副作用の少ないプラセンタ療法を受ける方が増えています。


プラセンタ療法には、「注射」と「粒剤の処方」の2種類があります。

プラセンタ注射

プラセンタ注射
(メルスモン)

当院にてプラセンタ注射2CC を筋注します。効果は約1ヶ月持続します。

当院のプラセンタ注射は、ヒトの胎盤から得られたプラセンタエキスを使用しています。 十分に滅菌してある血液製剤で、日本の厚生労働省から認可を受けた安全なプラセンタです。

注意:妊娠中・授乳中の方へのご利用はお受け致しかねます。


プラセンタ粒剤の処方

プラセンタカプセル
(JBPポーサイン100)

1日に4粒を水またはお湯で服用してください。 個人差はありますが、3ヶ月くらいから効果を実感することができ、服用を続ければ効果は持続します。 日本の国立金沢大学の研究で、この「JBPポーサイン100」を3ヶ月服用することにより40〜60代の女性のシワの減少が認められたと学会で発表されました。


当院で処方するプラセンタカプセルは、豚の胎盤から得られたプラセンタエキスを使用しています。
日本の厚生労働省から認可を受けた安全なプラセンタです。

当院で扱っている「JBPポーサイン100」は、製品にする前に十分に滅菌しており、副作用はほとんどありません。

注意:「JBPポーサイン100」は国から許可を得た医療機関でのみ販売可能であり、ネットや通販などの非正規販売で購入された同名のものにはプラセンタ偽造品が多く含まれている可能性があり、これらには本来のプラセンタの効果はないので注意してください。

遠方から来院される方へ

遠方からの来院で月に1回のプラセンタ注射ができない方は、3ヶ月に1回のプラセンタ注射と「JBPポーサイン100」の毎日の服用を併用することで、上記の効果を持続することが可能です。

※料金についてはお電話もしくはご来院のうえ直接スタッフにお尋ねください。

ページトップへ