なるべく薬を使わないうつ病治療【ハンスメディカルクリニック 心療内科外来】
なるべく薬を使わないうつ病治療、遠方にお住いの方のためのTMS磁気刺激 集中治療

このような症状を 薬は用いず
最新医療TMS磁気刺激治療で改善


TMS(磁気刺激治療)による治療はこちら 

心の病気を客観的に鑑別
光トポグラフィー検査

落ち込みや不安が強いので、
どんな病気か検査したい
心療内科受診を勧められたが
まず検査したい
光トポグラフィーによる検査はこちら 
心の病気を客観的に鑑別光トポグラフィー検査

このような場合は、心理療法・認知行動療法・集団療法で改善

心理療法・認知行動療法・集団療法

心理療法・認知行動療法・集団療法はこちら 

ハンスメディカルクリニック
心療内科外来
検査と治療


ごあいさつ

長井 敏弘
 医療法人ハンス理事長:長井 敏弘
私の願いは、患者さんに以前のような健康で元気な心と体を取り戻してもらうことです。そのために、従来の心療内科の垣根を超え、新しいタイプの心療内科として患者さんを全面的にバックアップします。 TMS磁気刺激治療は薬を使わずうつや不安を軽減する最新治療です。 私は何十年も薬の処方による治療を続けて来て限界を感じ、薬を使わない治療を始める決意をしました。ぜひ薬のない清々しい日々を取り戻して下さい。
Profile/ 大学卒業後、公務員・サラリーマンなど数々の職業を経て27歳で広島大学医学部に再入学、卒業後は精神科病院・内科医院を経て、現在、Nグループ代表。元岡山大学医学部臨床教授・日本医師会認定産業医・認知症サポート医・広島城北医会会長。TV・ラジオなどのメディアに頻繁に出演。現在も広島テレビ「テレビ派」レギュラーとして毎週出演中。企業や学校関係などで多数講演。月刊紙Wendyにコラム連載中。著書:「医学でうかる勉強法」(すばる舎)など


なるべく薬を使わない うつ・不安・不眠治療
「TMS磁気刺激治療」とは

TMS磁気刺激治療 欧米の先進国ですでに保険適用となり画期的な成果を上げている最新治療が、副作用のほとんどないTMS磁気刺激治療です。 日本での保険適用はまだされていませんが、現在、多くの大学病院や医療センターで、この医療機器による治療が行われています。 当院でも平成28年5月から実施していますが、多くの方が短期間で症状が改善しています。



 TOP