Art Make

HOME > アートメイク

医療アートメイクとは…

医療アートメイクは皮膚の表皮と真皮の間に色素の定着をさせていく医療行為です。皮膚の極浅い層なので、代謝により少しずつ薄くなります。代謝は、肌質やライフスタイル、性別、年齢などで個人差があり、部位によっても代謝は違うので、1回目の施術の後、ムラや左右差、色の変化などが必ず出てきます。2~3回目の施術で少しずつ形や色を調節し、定着してからは、1〜2年おきのリタッチをお勧めしています。

施術の流れ

アートメイク施術後の経過

ページトップへ